婚約指輪の購入サポート|彼女の喜ぶデザインを把握しよう

指輪

男性から女性へ贈る愛の証

笑顔の男女

人気はプラチナとダイヤ

「婚約指輪」は、エンゲージリングとも呼ばれています。男性から女性へ、結納・プロポーズの際に愛の証として贈られる指輪のことであり、婚約中の女性が身につけているのが一般的と言われています。婚約指輪と言えば、ダイヤモンドがついた立て爪の指輪をイメージする人が多い傾向にあるのですが、実際に婚約指輪の形式については定められていないと言います。近年の婚約指輪は、プラチナとダイヤモンドの組み合わせが人気を得ています。また、指輪のデザインとしては、ソリティア(1粒ダイヤモンドを立て爪でセットしたデザイン)が、石の存在感が引き出されて華やかさがあるゆえ、最も人気を得ています。次いで、メレ(メインとなる石の横に小粒のメレダイヤモンドを添えた華やかな印象のデザイン)・パヴェ(リングのアーム部分にダイヤを敷き詰めたゴージャスなデザイン)・エタニティ(終わりの無い永遠の愛を意味している、同サイズのダイヤモンドを並べたデザイン)の順に人気となっています。

一般的イメージと価格相場

「婚約指輪」についてよく言われているのが、「給料の3か月分」という値段の話です。そもそも「給料の3か月分」と言う言葉は、日本でダイヤモンド販促を行なう際に採用されたキャッチコピーであると言われています。また、一説では婚約者が亡くなってしまったとしても、妻となる女性が暫くは苦労しなくて済むようにという話もあります。現代では、婚約指輪の価格相場は30万円前後と言われており、指輪選びから購入までを男性1人ではなく、2人で一緒に行なうカップルも増加している傾向にあります。ダイヤモンドの指輪と言うのが、婚約指輪の一般的なイメージです。婚約指輪にダイヤモンドが採用されている理由としては、地球上で最も硬く何者からも侵されることがない存在であること、無色透明であることから身につける人の年齢や場所なども問わないと言った特徴が挙げられます。